タナカ重機建設株式会社 ホーム
会社概要 技術・工法 安全・環境 採用情報
SCR工法
GST工法
SMF工法
SCR工法
SCR工法
SCR工法
鋼矢板打設 引抜き
各種杭打設・引抜き
その他

技術・工法

SCR工法 (セパレート・ケーシング・ロックオーガ)

大口径の障害物の撤去破砕に威力を発揮します。

SCR工法 写真

セパレート式ケーシングロックオーガー工法は、ケーシングオーガーとスパイラルオーガが独立して削孔出来るように設計された工法です。
削孔芯の精度は、ケーシングを使用するため、従来のロックオーガー工法よりも高く、削孔速度はケーシングオーガーとスパイラルオーガーを交互に掘進していくので、従来の工法と比較すると、非常に早く機動性に富み、効率よく施工できます。

 

SCR工法の特徴

  1. 山留および基礎杭打設に障害となる既設障害物 (コンクリートパイル、鋼管、鋼管矢板、H綱、松杭、鉄筋コンクリートなど)をスムーズに撤去破砕が可能です。
  2. 低騒音、低振動で施工できます。
  3. スクリューとケーシング両方の特性が生かされて、精度の高い施工が期待できます。
  4. チャック装置を取り替えることによってφ600〜φ1000までの削孔が可能です。
    (アタッチメント装着によりφ1400まで削孔可能)
  5. スクリューヘッド先端よりセメントミルクの注入が可能です。
    障害物撤去と同時に、ソイルセメント、根固め等の造成が出来るので、コスト削減、工期短縮につながります。
  6. ケーシングオーガーのチャックを開くことでケーシングを土中に残したままにできるので、土砂の置き換えもスムーズに出来ます。
  7. スクリュー部分とケーシング部分が分割して駆動するので、破砕撤去工事のみならず、バラエティーに富んだ使い方が出来ます。
  8. ケーシングをどの位置でも掴む事が出来るので、ケーシングオーガーを低い位置で維持することができ、他の工法に比べ重機の安定度、安全性が高くなります。

 

SCR工法の構成図
【SCR工法の構成図】

ケーシングを残して、土砂の置き換え
【ケーシングを残して、土砂の置き換え】