タナカ重機建設株式会社 ホーム
会社概要 技術・工法 安全・環境 採用情報
SCR工法
GST工法
SMF工法
SCR工法
SCR工法
SCR工法
鋼矢板打設 引抜き
各種杭打設・引抜き
その他

技術・工法

低空頭 三点式クローラ杭打機

二股形状のリーダートップの低空頭杭打ち機です。

鉄道高架近接作業(上空制限7m)での作業状況
【鉄道高架近接作業状況(上空制限7m)
三軸オーガー使用】

二股形状のリーダートップにサイドシーブ取り付けたオーガーモータを吊り下げることで従来のトップシーブ吊り下げ型よりもリーダー長さを有効に使うことができます。

 

特許番号 第4167376

 

低空頭 三点式クローラ杭打機の特徴

         
  1. 機械有効高さは6m〜
  2. 高圧線の下、橋桁の下など高さが制限されている工事に最適です。
  3. ソイル連続壁工法、地盤改良、H鋼杭打設等様々な工事に使用できます。
  4. 機械の高さを低くすることで、機械の安定度が高まります。
  5. 近隣に対し、高さによる機械転倒の恐怖感を与えません。

【高速道路桁下での鋼管杭打設状況】

 

在来工法と二股リーダートップ形式の違い

在来工法と二股リーダートップ形式の違い図